妊娠検査薬の役立つタイミング

妊娠初期には様々な症状が身体に出るようになります。
妊娠の兆候としては風邪の症状と非常に良く似ていると言われています。
そのため、うっかり風邪薬などを飲んでしまって心配をしてしまう方も少なくないようです。

 

妊娠をすることで基礎体温が上昇しますので、人によっては37度以上もの熱が出てしまうこともあります。
その結果、ダルさを感じてしまうようになることがあるようです。
さらに、強い眠気を感じてしまうこともありますし、頭がボーっとしてしまうこともあるそうです。

 

喉の痛みや鼻水のように風邪の代表的な症状が出ることはありませんが、身体がだるいので風邪と間違ってしまうこともあるようです。
ここで風邪だと勘違いをして風邪薬を飲んでしまうと、胎児に悪影響を及ぼしてしまう可能性も考えられますので
妊娠の可能性があるのであれば薬を飲まないようにしましょう。

 

また、生理が少し遅れている時点で吐き気が出てしまうことがあるようです。
この吐き気が風邪などの体調不良によるものなのか、それとも妊娠によるつわりなのかが分からない場合もあります。

 

そのような場合には、妊娠検査薬を使用してまずは妊娠しているのかどうかを判断してみるようにしましょうね。